HIDISC 絶妙なデザイン 【本日特価】 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3

HIDISC 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3

2990円 HIDISC 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3 インク・用紙・メディア USBメモリー HIDISC 絶妙なデザイン 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3 HDUF131N16GFP3,HIDISC,指紋認証機能付きUSB16GB,2990円,/amidoacetal507327.html,studio.showgearonline.com,インク・用紙・メディア , USBメモリー 2990円 HIDISC 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3 インク・用紙・メディア USBメモリー HDUF131N16GFP3,HIDISC,指紋認証機能付きUSB16GB,2990円,/amidoacetal507327.html,studio.showgearonline.com,インク・用紙・メディア , USBメモリー HIDISC 絶妙なデザイン 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3

2990円

HIDISC 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3



タッチセンサー式指紋認証USB

商品概要

インターフェイス:USB3.1Gen1(1.1、2.0、3.0に対応)対応OS:WindowsXP、Vista、7、8、8.10指紋登録数:6(管理者1人+5人)※管理者(ユーザー)がご自身の指紋を6つ登録することも可能です。
指紋認識時間:約0.5秒フォーマット:FAT32サイズ:39×17.5×8.5重量:10g
商品名 HIDISC 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3
型番 HDUF131N16GFP3
メーカー HIDISC
メーカー希望小売価格 オープン価格
メーカー発売日 2020年03月13日
メーカー保証年数 1年

商品の詳細規格

本体サイズ 39mmx17.5mmx8.5mm
本体重量 10g
記憶容量 16GB
インターフェース USB3.1Gen1(1.1、2.0、3.0に対応)
対応OS Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
転送速度 USB3.1
仕様1 暗号化:AES256bit
指紋登録数: 6(管理者1人+5人)
※管理者(ユーザー)がご自身の指紋を6つ登録することも可能です。
指紋認識時間:約0.5秒
センサーサイズ:103x52Pixel
FAR(他人受入率):0.002%以下
FRR(本人拒絶率):3%以下
インストールソフト:不要
保護回路:ESD(静電気防止・サージ)
認証:RoHS/CE/FCC/VCCI
電源:USBバスパワー
フォーマット:FAT32

HIDISC 指紋認証機能付きUSB16GB HDUF131N16GFP3

純水装置の仕組みとは?原理を知って正しく使おう!

分野を問わず広く研究の場で利用される純水。特に生物学や化学の分野では、日々の実験に欠かせない存在なのではないでしょうか。実験の再現性と信頼性を担保するためには、…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

<インタビュー>日本の食の安全を守る 食品検査の現場で行われていること

第三者食品検査機関「マイコトキシン検査協会」とは 日本は今も、多くの食糧を輸入に頼っています。日々の食卓に欠かせない穀物や野菜はもちろん、ナッツやスパイスなど…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

PCR技術を発展させた酵素開発の歴史

PCR技術の発展 初期のPCRは画期的かつ重要な技術である一方、重大な限界もありました。(McPherson and Møller, 2000)。研究者たちは…

メルクからアドバイス!トラブル発生時に見直すべき5つの実験環境

その実験トラブル、試薬でも装置でもなく環境が原因かも 研究者にとって、ある日突然、理由もわからず、今まで取れていたデータが取れなくなることほど恐ろしいことはあ…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

RNAi実験の基礎 shRNA導入細胞を選択する抗生物質濃度の最適化

高すぎず低すぎない抗生物質の最適濃度を決定しよう RNAi法でshRNAベクターを細胞に導入した後は、抗生物質でshRNAが導入された細胞をセレクションする必…